ブログ

グレイシー柔術認定インストラクターから学ぶ【その①】

グレイシー柔術

グイレイシー柔術は、現在カリフォルニアに、Gracie University(グレイシーユニバーシティ)本部があります。柔術の発展とその技術体系を作ったのがエリオ・グレイシー。その孫にあたるRener Gracie(ヘナー・グレイシー)とRyron Gracie(ヒーロン・グレイシー)が現在のグレイシーユニバーシティを築きました。

今回は、そのヘナー&ヒーロングレイシーから2021年1月にグレイシー柔術認定インストラクター資格をもらった、チアゴ先生に試験に合格するまでの道のりをインタビュー形式お伝えしようと思います。

今回の質問は。。。

なぜ、グレイシー柔術認定インストラクターになろうと思ったのか?

どんなことオンラインで行われる?

資格を取るには、どんなことをすればいいの?

①なぜ、グレイシー柔術認定インストラクターになろうと思ったのか?

チアゴ:僕は、開業以来、道場経営とブラジリアン柔術の選手として活動していました。2020年4月に緊急事態宣言が出され、当時指導していたインパクト大阪は、休業になりました。そして選手としての活動の試合が全てなくなりました。道場経営と選手として両方の活動にストップがかかった時、「今僕ができること」を真剣に考え、自分と向き合うようになりました。

「試合に出れない分、僕を信じてくれているの生徒さんのために頑張りたい。」

それが、僕の考えた答えでした。そこで、生徒さんにとっては、チアゴ=道場の先生。道場の努力が生徒さんの直接の満足度や幸せに繋がると思いました。

「良い先生でいるためには、良い生徒であること」を信じ、技術の向上、クラスの指導能力UP、道場の経営強化すべてにおいて学びを深めることにしました。そのお手本としたのが、2010年から少しずつ、知識を参考にしていたグレイシー柔術に、この機会を使って本腰を入れて、資格取得に挑むことにしました。

②どんなことがオンラインで行われるの?

チアゴ:Gracie Universityの認定インストラクターコースに申し込んだら、まず

1)なぜ、グレイシー認定インストラクターになりたいのか

2)バックグラウンドについて

それぞれのビデオを自分で撮影し、僕が探しているものと彼らの提供するものとミスマッチがないか、評価を受けるための動画を送ります。既に日本でも認定資格を持っている指導者の方が数名いらっしゃいます。その道のりに必要なのが、「コミュニケーションx英語」です。グレイシーの人たちは、ブラジル人ですが、移住し、アメリカが本部で、そこですべてが評価されるので、自分のことや考えを伝えることができるコミュニケーション能力が必要です。ポルトガル語も場合によっては、認めてくれました。1)、2)それぞれと学びを深めたい熱意を十分に伝えることができ、評価は1回でパスできました。

ここで十分に理解しておかないといけないのが、グレイシー哲学でした。

グレイシー柔術は、誰でも学べるが、誰でも教えれるわけではない」こと

インストラクターテストは、1回失敗すると、生涯受けることができない」こと

これらは、熱意、時間、気力、努力が揃って初めて挑める内容でした。

③資格を取るには、どんなことをすればいいの?

チアゴ:②での評価が通れば、次は、Gracie Combatives(初心者プログラム)の習得です。オンラインビデオを見て、頭と身体で覚えていきました。僕は、ブラジリアン柔術の経験は長いものの、グレイシー柔術のディテールの細かさなどは、その時はまだ浅く、1回目のビデオでは、合格点に数点足らず、再テストとなりました。その時には、Gracie Jiujitsu Osakaの田中先生に指導を受けさせてもらいました。田中先生の指導とサポートによって、彼らが、95年かけて研究、改善を重ねて築かれてきた、グレイシー柔術の理論を知ることができました。その理屈を知ると、ひらめきと学びの連続でした。再テストで、合格(技のみ再テストができます)となり、そこから認定インストラクターの勉強がはじまりました。ここまでは、休業中の毎日、約1か月をかけて進めていきました。

現在、僕の生徒でアルティメット柔術クラブのメンバーの皆さんには、柔術が皆さんの人生に在ることで、より良い人生になってほしいと願っています。僕の学びが、その成果になることを願っています。

僕の生徒でない方で、グレイシー柔術に興味があったり、インストラクターを目指す人たちとこのブログをシェアして、お役に立てていれば嬉しいです。

→グレイシー柔術認定インストラクターから学ぶ【その2】へ続きます。お楽しみに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました