ujc%e3%81%ae%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

UJCのミッション

1925 – グレイシーアカデミーの誕生

Carlos Gracie(カルロスグレイシー)は、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロに最初のグレイシー柔術アカデミーを開設した。カルロスと彼の兄弟は、日本から移民したイサイ前田から学んだ日本式柔術を教えていた。カルロスの末弟であるHelio Gracie(エリオグレイシー)は訓練をするには体格がとても小さくて、彼の兄であるカルロスが教えることを見守るのが全てだった。

1928 – 変化が始まる

1928年のある日兄のカルロスが授業時間に遅れなると末っ子のエリオが型に代わって授業を教えるされた。柔術の技術は、直接研磨ではありませんでしたが何年も長兄であるカルロス・が教えることを注意深く見てきたエリオは、すべての技術をよく知っていた体格の矮小たその路線そのような技術で図体の大きい相手を相手にすることができないことをよく知っていた。しかし、エリオはあきらめずに力とスピードではなく、テコの効果と適切な瞬間捕捉など自然身振りを利用した技術を開発しことができる。

1931 – 最初の挑戦者

エリオはそれより規模がはるかに大きいボクサーであるAntonio Portugalを制圧した。これは彼が開発した技術を利用すれば、体格が小型人もはるかに大きく、運動神経が発達した相手を制圧することができることを証明でもするように、エリオはボクサーに棄権を受けた。これ促されたエリオは和風柔術の技術を少し変形させて図体の大きい敵から身を守ることができる新しい技術を開発継続するに至った。

1947 – HELIO GRACIE VS. JOE LOUIS

1947年6月6日エリオは柔術よりボクシングが優れているというReader’s Digestの記事を反証するために公に当時のヘビー級ボクシング世界チャンピオンのJoe Louisにけりマッチをしようと挑戦した。

Joe Louisのマネージャーは、その挑戦を受け入れない試合をする機会はなかったがエリオが、彼が開発した技術の有効性を証明するためには、いつでもどこでも誰とでも試合をすることができていることを世界に知らせるきっかけとなった。

1951 – 雅彦木村との対決

1951年10月23日エリオは、当時日本式柔術のトップ選手だった雅彦木村との戦いをすることになった。木村はエリオより体重がなんと36kgもより発信自分を相手に3分以上保持することができている場合ではあると考えするとして、自分の勝利を豪語していた和風柔術世界チャンピオンを相手に、エリオ彼自身が20年以上開発して変形させた技術がどのような効果を発揮できるかどうか確認することができるきっかけだった。

しかし、エリオは長兄カルロスは後日「木村」と呼ばれる技術で命名された「Shoulder Lock」という技術にかかった弟の負傷を心配して、試合を中断させるまで約13分の間、木村を当惑させた。たとえ試合ではなったが、木村はエリオが開発した技術に感銘受け、日本の同僚に紹介をするほどエリオは、この試合を通じて得た方がはるかに多かったと思われる。

1955 – THE LONGEST FIGHT

43歳だったエリオが1955年5月24日Waldermar Santanaと休み時間なしで、世界で最も長い終える試合を経るた。

たとえ試合では、引退をしたが、それより20歳も若く、体重が20kgもより発信グレイシー柔術アカデミーの弟子であるSantanaの挑戦を受け入れた。精神が弱い混迷た弟を保護するためにカルロスが試合を中断させるまでの戦いは、休み時間なしで3時間40分も続い行われた。たとえSantanaが勝利をしたが、若くて運動神経が優れており、高度の技術を兼ね備えた格闘技選手の攻撃をほぼ4時間の間、受け流すエリオの能力に多くの人々が賛辞を送って末永く記憶されている。これらの試合は、エリオが開発した技術の有効性を示す良い機会であり、これにより、多くの人々がこの技術を学ぶためにグレイシー柔術アカデミーで突入される歴史的な契機となった。

1978 – ガレージの中でグレイシー柔術が米国で誕生する

1978年の夏エリオの大きな息子であるRorion Gracie(ホリオングレイシー)は、彼の父が開発した自己防衛のための画期的な技術を広く知らせることを決心をし、ブラジルを離れて米国に行くた。

ホリオンは、米国でのグレイシー柔術普及がすぐにグローバル化の関門になるということを確信していた。彼は成功するだろうという信念と柔術の情熱だけ持ったまま、南カリフォルニアに安着をしたが、資金も不足して他の格闘技道場から外面を受けるになるとすることができず、彼の家のガレージで教え始めた。最初はすべての人に無料で学ぶ機会を提供していたが、数ヶ月もされず、彼らは熱心な信奉者に変わった。

1980 – 「THE GRACIE CHALLENGE」

他格闘技種目よりもグレイシー柔術が優れているということを知らせるためホリオンは体格条件や種目を問わず、誰でも競ってみようと宣言をする。

公証発車機やビョクドン撃破など派手な目の保養にその真価を証明しようとする誤った認識と混沌の中で「Gracie Challenge」ということを考案し、私になった。Gracie Challengeとグレイシー一族の投機方式の優越を厳粛に宣言するものでもした。他のすべての種目の格闘技が挑戦をしたが、グレイシー柔術だけのソフトで効率的な技術に驚きを隠せないだけだった。

1989 – グレイシー柔術アカデミーのゲボム

ホリオンは弟だRickson(ヒクソン)、Royce(ホイス)とRoyler(号露)と一緒にユニークなブラジルの自己防衛の方法を学びたい爆発的な需要に対応するためにカリフォルニアのトーランスにグレイシー柔術アカデミーを開設することになった。

カリフォルニアの格闘技関係者は経は、相手を続け制圧するグレイシー柔術に驚きを隠せなくなった。ガレージに開設した場所で130人の学習一方、80人が待機するほどになると、ホリオンは現在グレイシー柔術の世界の総本社となったグレイシー柔術アカデミーを開設することになった。

1993 – 全世界がグレイシー柔術を知るドゥェダ

1993年11月12日ホリオンはUltimate FightingChampionship®試合がTVで反映され、格闘技の世界を完全に変えた。

1970年代、80年代にHollywoodは格闘技が人気を呼び、お互いが世界で一番優れていると確信している何百もの格闘技が乱立していた。これホリオンは、各銘柄の代表が終わる試合を通じて、各銘柄の優秀性を証明することができる試合を考えるようになった。結果は、体格が最も小さく、誰も予想できなかったホイス・グレイシーが8人トーナメント方式のマッチで優勝をすることになった。先にエリオが成し遂げた勝利とホイスのこれらのスンジョンボはグレイシー柔術は、世界で最も信頼性の高い自己防衛技術であることを証明しただけでなく、一般の人たちも、自分よりもはるかに強く、体格条件が優れた相手と競うことができる機会を提供する唯一の方法であることを証明するものであった。

1994年 アメリカの陸軍は、実践的で有効で優れた戦闘方式として、グレイシー柔術を採用しました。


それは、軍隊の特務部隊が公開的な効率試験を通じて、グレイシー柔術を最も効率的な戦闘方式であると判断しました。

軍は、ホリオン・グレイシーに兵士たちが実戦で最も早く学ぶことができる集中カリキュラムを開発してくれることを要請した。

ホリオンは数多くの試合を分析して、その中で最も多く使用されて、最も効率的な36個の技術を識別して、これを軍に紹介することになりました。

まさにこの36個の技術は、現在、アメリカの軍の近代戦闘過程の基礎となっており、全世界の何百もの国の軍隊はもちろん、警察も採用しました。

ホリオンは、この36個のテクニックを軍隊だけでなく、一般市民にも向けて、より分かりやすく柔術を使った護身術グレイシーコンバティブスとして改善しました。

そして、グレイシーユニバーシティというオンラインでの学習システムツールを築き、いつどこにいても、誰でも、自己防衛の技術を学ぶことができる人々の数を格段に広げました。

2007年 チアゴ先生最初は、競技の柔術に出会い、茶色帯まで競技の柔術のみを学びました。

2008年 グローバルオンラインプログラム

そのホリオンの息子Ryron(・ヒーロン)とRener(ヘナー)は、これらの自己防衛の方法を維持させるために、グローバルトレーニングプログラムを開発しました。

スポーツ種目として高まった人気のグレイシーやブラジルの柔術を学びたい需要が増え続けている一方です。

しかし、スポーツとしての柔術は、多くの人に趣味や運動習慣として受け入れられ需要が伸び、世界的も大会が開かれるようになり競技人口は増えています。

その競技者が増えると、独自に新しい競技用のテクニックが増え、それらは、実戦で活用が可能な効率的な力の使用や自然身振りなどの基本技ではなく、競技試合にフォーカスした技術へ変形しました。ですので、スポーツ柔術の人々はテコの効果やテクニックではなく、実戦では使わない、純粋なスポーツに基づい動作を学びました。

創始者のグレイシー一族は、これらのスポーツとしての柔術とは違う原点に立ち返り、ヒーロンとヘナー二人の兄弟は、グレイシー柔術だけの純粋なプロセスを維持して体系化するために、グローバルトレーニングプログラムを開発することになりました。

2014年、世界に通用するの柔術を学んでもっともっと強くなりたいと願い、故郷ブラジルへ行きました。

それと同時に僕は、人生をかけて柔術をもっと学ぶには、技の意味やその本質を知ることが必要と感じ、グレイシー柔術のプログラムのを学び始めました。

実は、もう一つの理由があり、グレイシーのプログラムを始まめるきっかけは、黒帯になる前に、総合格闘技の試合にチャレンジをしたかったからです。スポーツの柔術だけでは、打撃から身を守ることは学べません。そうなると総合格闘技の試合出ることを難しく、グレイシー柔術のプログラムのように実践で有効な知識が必要でした。

2015年、念願の総合格闘技の初試合にチャレンジして、1R1分30秒でキムラロックで勝利しました。その同じ年に僕は黒帯になりました。

それからもプログラムを学び続け、2021年にヒーロンとヘナーに認められ、グレイシー柔術認定の道場となり、ここ大阪・堺でグレイシー柔術のプログラムと競技の柔術を教えています。

2020 – UJCグレイシープログラムを使い始めた。

2008年に代表ハタダチアゴは、現インパクト大阪のウェルソン師と道場を立ち上げ、2020年10月にインパクト大阪から独立して、ULTIMATE JIUJITSU CLUBをスタート。
道場の創業当初は、マット数枚分の練習スペースしかなく、時には練習場所がなくなってしまう時もありました。
「柔術の素晴らしさをたくさんの人へ伝えたい」
その気持ちを持ち続け、ただひたすらに練習を続けました。
今でもその気持ちは揺らぐことはありません。
ブラジル生まれの日系ブラジル人であり、日本へ来て、言葉の壁や環境の変化、生活の違いに戸惑う境遇でした。
辛い時もあれば楽しい事もある、感謝を忘れずに生きていく、 それを実践させてくれたのが柔術でした。
柔術は、「人生の縮図」だと思っています。 スキルと経験は、お金で買うことはできません。
勤勉で真面目な日本の皆さんだからこそ、心が楽しいと思えることを見つけてほしいと願っています。

ULTIMATE JIUJITSU CLUBの取り組み

当教室では生徒の皆さま同様に、5年後・10年後の成長を目指して経営をデザインしており、この度内閣府からロゴの使用を認められました。

さらに2020年に、内閣府のホームページの活用事例として「IMPACTO大阪アカデミー」として道場経営デザインシートが掲載されました。

経営をデザインする
知的財産戦略本部 経営をデザインする

経営デザインシートは企業が持続的に成長する事を目的に、経営の基幹となる価値創造メカニズム(顧客への提供価値を生み出す仕組み)をデザインするツールとして、内閣府によって開発されました。

Ultimate JiuJitsu グレイシー認定トレーニングセンター堺, 大阪